スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回豊のくにYOSAKOIまつり(平成22年11月3日)レポート

皆様、お久しぶりです。舞麗men代表のぱやしだです。今年度は一身上の都合から随分とよさこいからも距離を置いた生活を余儀なくされておりました。当然レポートも滞っていた、ちゅうかそもそも祭りに行ってないんですが、秋よりエネルギッシュなメンバーの支えもあってボチボチ復活しつつあるところです。先日の佐世保祭りを経て、今回は第二回「豊のくにYOSAKOIまつり」に参加できましたので、そのレポートです。なお、さすがに一からレポート上げる気力はなかったので、ワタシの個人的ブログの内容からあまりに問題と思われた内容だけ削除、修正して引用していることをお伝えしておきます。いつもは仲間内でしか目にされない文章のノリだけに初見の方には理解しがたい内容があるかとは存じますが、笑って見逃していただくか、もしくは各地のイベント等で直接ワタシに「コラー!!」とお声を掛けていただければいくらでも謝る用意がありますのでよろしくお願いいたします。




佐賀の地がバルーンに賑わう今週、いきなりそれに背を向けて大分のよさこい祭り遠征に行って参りました。

大分市街で行われる「豊のくにYOSAKOIまつり」。第二回目だったのだが、すでに凡百の祭りの規模を超えつつある気がしたのはワタシの思い違いか?昨年の第一回も参加しているのだが、実行委員会はまだチーム結成間もないところにも関わらず非常に意欲溢れる運営と地元の協力が感じられ、今回は前夜懇親会まで企画ってどんだけ頑張ってんだ?と感心させられますな。

今回は懇親会参加のため、仕事終了後に即行で金立のサービスエリアへ。たーぼーの車にお邪魔して大分遠征への道中がスタート。考えてみればこうしたよさこい仲間の懇親会も昨年の市比野遠征以来顔を出しておらず、約一年ぶり。いやはや、忙しさにかまけているうちに随分時間が経ったもんだ。結局大分入りしたのは20時過ぎで、ホテルにチェックインして懇親会会場にたどり着いたのは開始30分後くらいだった。
いきなり大歓迎。司会の方から「佐賀の青い衝撃~!!舞麗menさん到着です!!」とアナウンスされ、会場のライブハウス(?)全周から降り注ぐ拍手にリアクションもとれずただ佇むワタシたちでした。今回は前日から来てる佐賀の仲間が多くて非常に心強かったし、佐賀のよさこいチームを十分アピールできるいい機会だと思ったのだが、大分の方ともいろいろお話できて個人的には非常に楽しい一次会でしたな。彼らはまだよさこい歴が短く、いろんなことが新鮮でたまらないのがよく伝わってきて「ああ、ワタシも彼らみたいに純粋に踊ってた時期があったなあ・・・」と思わずノスタル爺化してしまったり。
結構綺麗どころが多い印象だったのにほとんどレディとお話する機会がないままに一次会が終わってしまって少々残念に思っていたところ、二次会移動のお知らせが。成り行きでそのまま参加したんだがこちらでは一次会と打って変わって周囲を綺麗どころが固めるパラダイス状態でワタシもたーぼーも鼻の下伸びっぱなし。主に鹿児島の方(いろんな事情で具体的チーム名は伏せます)だったんだが、何か久々に合コンにでも参加したかのような状態で、かつて「GKマスター」として名を馳せた頃を思い出しましたよ、思わず。よさこい系の美女ってのは結構気さくで話しやすい方が多いと感じてはいたのだが、この大分二次会は美貌もキャラもレベルが一段違ってて、こちらとしてはもう翌日の祭りの演舞よりこっちがメインに感じられるくらいでしたな。まあそうした下心は置いておいて佐賀のチームやメンバーについてもしっかり認知してもらったことも大きいかと。勢いで終了後はカラオケまでなだれ込み、酒の勢いも手伝ってつい佐賀と同じレベルで羽目を外してしまったのだが、思いのほか鹿児島の方には好評だったようでさっそく今月末の市比野遠征での懇親会での余興披露が決定しました。これから余興に向けての練習も始まりますので遠征参加予定者は覚悟しておくように。

最後は鹿児島のチーム代表と美女二名にワタシが帯同してラーメン屋で締め。ラーメンもさることながらその卓でもよさこい談義に花が咲き、ホテルに戻って時計みたら午前3時過ぎとりました。開業以来こんな時間まで起きてたことなんてまずない。しかも翌日演舞するのに、と真っ青になりつつとりあえず爆睡へ。


翌朝はいつものとおり二日酔いで頭がひたすら重い起床からスタート。おかげでたーぼーがせっかく誘ってくれた朝食も食べにいけず、シャワー浴びて衣装に着替えるだけで精一杯。どうも前夜懇親会で美女と会話してたのでほとんど食事せずに飲んでばかりいたのが敗因かと。まあガツガツモグモグ状態では会話できませんわな。この年になってくるとさらにね。とりあえず朝日を浴びながらゆっくり水分補給しつつメイン会場の若草公園へ。今年はさすがに入場時アナウンスはなかったがすでに昼前、多くのチームが集合して振りの合わせやアップを始めている中、少しづつ酒が醒めてくると共に猛烈に空腹を感じ始めた。これはいかんと思って一人出店に入って名物の「とりめしいなり」をパクつく。コレたしか昨年も食した記憶があるのだが、やはり絶品。アルコールで痛めつけられた胃にやさしく満たされていくとりめしが至福。空腹が多少改善されたと思ったら今度は猛烈な睡魔が襲ってきた。マズイな、まだ演舞始まってもいないのに。周囲のメンバーにいろいろ会話の刺激を受けてなんとか睡魔を逸らしつつ、開会式から自チーム演舞までの時間を過ごす。まだまだ大分の地ではよさこいは物珍しいもののようで、観客の興味津々の視線が初々しい。一回目からメイン会場というのはそれなりに緊張したが、これも佐世保効果かのびのび踊れたような気も。和笠を演舞途中でブン投げたら後ろの建物の天井に上がってしまって演舞終了後にビックリ!!まあそれだけ興が乗っていたということなんでしょうな。脚立を持ってきてわざわざ取ってくださった司会のお兄様が仏に見えました。

二回目の演舞会場はトキハデパート前の会場。大分のメインデパートらしかったが佐賀の某デパートと比べて大きさ、豪華さ、洗練ぶり全てこちらが圧勝。ウチの「鬼のお姉さん」ことまやさんが非常にこの辺の大分の都会ぶりにショックを受けていたが、二回目の演舞は街中、それもメインストリートでの演舞ということで通行客にもインパクト抜群だったのではないかと。ここでは前夜お世話になった鹿児島メンバーの方が応援してくれて非常に気分が乗ったというのもあるが、まあ通行人対策などの改善策は必要ながらなかなか楽しい会場ではあった。ここでホストチームである大分創舞連の演舞も拝見したのだが、ウチも一時楽曲(衣装も)レンタルして「和光」の前に踊っていた須賀の01年の名曲「ハレルヤ」だったのでまたしてもビックリ!!いやー、またしても当時を思い出してしまいました。ワタシも最近水タン結婚式(練習のみ)とかトラック協会イベントなどで「ハレルヤ」踊っていたので、いつか乱入させていただいて一緒に踊りたいなと思ったり。

ラストの演舞はアーケード会場。地方の不景気の煽りを少々感じさせる会場だとは思ったが、それでも佐賀よりはまだよかったように見えたのはワタシのルサンチマンのなせる業か?ここでは時間の都合がついた佐賀の同士チーム「嘉人恋(がじんれん)」のメンバーが佐世保に続いて乱入してくれて嬉しい限り!!しかも佐世保のパレード演舞の悪ノリを覚えていたのか全員眼鏡持参というご理解ぶりで勢い的に「だったら、やるしかないだろ?!メガネ演舞!!」と相成った。まあこの辺の無礼講ぶりは有志の方が上げてくれてる写真を参照していただきたいのだが、ここまで皆で好き放題やると逆に気分爽快ですな。まあ格好は無茶苦茶でもきちんと踊る、というコンセプトは貫いたつもりなんだが。しかしかつてワタシもいろいろとお世話になっていた佐世保のチームの皆さんが愕然として表情で鑑賞されていたのが忘れられん・・・。いいじゃん、佐世保にも「きらきらフェスタ」あることだし!!ここでは佐世保にウチのとらちゃん経由で参加してくれた大分娘のめぐちゃんが差し入れパン持参で駆けつけてくれました。演舞で疲れた身体に染み入るパンのうまさよ・・・。今回彼女は応援のみだったが、いつかまた一緒に踊りたいモンです。

とまあ、今回もウチらしさが全面に押し出されたいい演舞ばかりだったと自画自賛してるところなんだが、この後はワタシとたーぼーは「九州男組」の演舞に参加して締め。佐賀メンバーの近くで踊って楽しかったです。その後は表彰式を経て最後の総踊り。最近総踊りまで付き合うことも少なくなってた気がするんだが、この日は最前列で前日お世話になった鹿児島美女が踊っているのをみてテンションを掻き立てられて思わず参加。正面からは鬼のお姉さんが記念写真を撮ってくれまして最高のフィナーレになったんじゃないかと。もちろん鼻の下が伸びていたことは言うまでもありません。

終了後はこれも去年定番に勝手にしていた「二代目 与一」でのお食事。小奇麗で清潔感のある落ち着いた寿司屋なんだが、ここで夕食というのがこれまたウチのお楽しみなワケです。関アジの「りゅうきゅう丼」ととり天という大分名物固めなんだが、ここのとり天、マジで絶品です。今回たーぼーは「鯛茶漬け」、ツッキーは「鉄火丼」、そして佐世保に引き続き参加してくれたまみすけ君は「上ちらし」を食していたが、いずれも絶品だった模様。
こうして食欲も満たされた後に佐賀への帰路へ。途中別府湾SAで佐賀よさこい連中が期せずして集合したりと帰りも退屈しませんでしたなあ。寒さに震えながらソフトクリーム食べつつ見た別府の夜景は相変わらず美しかったし。


帰宅後は前日からのおイタが過ぎたツケか、とにかく身体が痛い&重い。早々に寝ましたが、翌日の診療は最悪のコンディション。気力で乗り切りました。それでも満足感高かった今回の大分遠征。月末の市比野遠征に向けて大きな収穫もあったし、いろんな意味で得るものが多くて楽しかったです。こうしてまた少しよさこいに引き戻されつつあるワタシ、来年の新曲に向けてまた仲間たちと市比野で発散するのが楽しみになってきました。

で、最後にもう一度業務連絡。今年の懇親会ではウチは余興必須なので、参加予定者はきちんと練習すること!!よろしくお願いしま~す。内容はすでに鹿児島の意向で決定しておりますので後日連絡いたします。

スポンサーサイト
プロフィール

舞麗men

Author:舞麗men
 宇宙(そら)よ大地よ
すべての光をわかちあい
永遠(とわ)にいざなえ!
     和光

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。