スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回吉井しらかべよさこい祭り(平成20年9月21日)レポート

さて、秋になって各地のよさこい祭りも続々と開催されていますが、皆さん元気に踊ってますでしょうか。今回は水俣に続いて第1回目のお祭りに参加してきました、福岡県うきは市は吉井町の「しらかべよさこい祭り」です。担当は、家族のご機嫌と仕事の予定を伺いながら今後の参加予定まつりを現在絞り込み中のワタクシ、ぱやしだがお送りします。

吉井町自体はワタシ何度かプライベートで訪れたことがあります。全体的に城下町のような、時代を感じさせる町並み自体も落ち着いてて好きなんですが、春に歴史ある雛人形を商店街の各店が飾る「ひな祭り」も静かな中に情緒溢れる感じがとてもよいと思いましたし、また吉井町は知る人ぞ知る麺どころでもあります。何でも油を使わずに麺を精製するのが特徴とかで、TVで紹介されているのを見たワタシは一度家族で行って実際に食したところ大ファンになってしまい、以後年に数回訪れるようになっていました。まあこの辺はワタシの個人的な思い入れに過ぎませんが、そんな吉井町で今回新しいお祭りが立ち上がる、ということで個人的には非常に期待していました。

今回の参加者は6名。ワタシ、タッキー、たーぼー、やまティ、水タンの5名に当日突如参加決定したウチの次代のエース、みいたんの計6名。何とやまティが紅一点でして、今回は非常に男臭い布陣となりました。
このしらかべよさこい祭り、日曜の17時スタートという変則的な予定で、この辺が参加者少なかった一因かとも思いましたが、結局いつもと変わらないくらいの人数は集まってくれたのでホッとしました。午後から出発しましたが、午前中に用事があったたーぼーは予定の遅れから出発時間に合流できず、ひとり後からすっ飛ばして追いついてくれました。
タッキーは鳥栖から直接吉井町に向かうとのことで、残るやまティ、水タン他非踊り子数名とで佐賀を出発したんですが、久留米に入ったあたりで大渋滞。さほど時間に余裕を持っていたわけではなかったので正直焦りました。これはどうも久留米のゆめタウンの客足によるものと思われましたが、結局田主丸あたりは慌てて走ることになり、ドライバーには負担だったかもしれません。
吉井町に入ると、物凄い人出。以前ここを訪れたときからは考えられないほどの人数でした。もともと吉井町は細い路地が連なっている感じの町並みで、各路地がそんなに太いわけでもなく、また国道やバイパスも単線ずつの地域なんですが、とにかく車も人も多い感じ。駐車場に車を停めてメイン会場の「白壁広場」にいったら踊り子もさることながらお客さんが非常に多くて驚きました。第1回の祭りということで地域全体が盛り上がっていたのでしょう。とにかく開始前から熱気ムンムンでした。

ワタシたちの最初の演舞会場は国道ステージ。単線を封鎖してそこでパレード形式だったんですが、対向車線は思い切り車が走っており、また沿道にはお客さんがすし詰め状態。しかもワタシたちの演舞曲「和光」はパレード演舞であまり踊っていないので多少グダグダでしたが、とにかく盛り上がるいいステージでした。前列を務めたワタシと水タンはとにかく地方車に合わせて送れず着いて行くだけで精一杯でしたが、ふと後ろを見るとやまティが車の走行車線に突っ込んでいきそうになってて思わず声が出そうになったりしてました。
ここでは今日佐賀から共に参加していた嘉人恋のうっちーが煽りをやってくれたんですが、そのご挨拶の段階で沿道から掛け声とかビシバシ飛んでるし、演舞途中の決めポーズでも拍手やら歓声が起こったりととにかく盛り上がるステージで、楽しく踊らせてもらいました。さすがに久しぶりの2回連続演舞は少々キツうございましたが、それでもこれだけ盛り上がる会場で躍らせてもらったことの満足感の方が大きかったです。

2回目はメイン会場の白壁広場での演舞。すでに陽は落ち、煌々と照明が照らす中での雰囲気満点のステージだったんですが、ここはお客さん多過ぎ。メイン会場を取り囲むように観客の皆さんが並んでおり、それも何列にも重なって一種コロシアム状態。この規模の地域のお祭りでこれだけの観客ってのはワタシあまり記憶にありません。第一回目のお祭りに地域の皆さんが心から応援し、楽しんでいただいているのが伝わってくるような気がしました。そうなればやはりやる気は漲ってくるというもので、2回目は定点演舞だったこともあって非常に気持ちよく踊れたと思います。また、みいたんは毎回参加する度にきっちり和光の振りができるようになってきていて、会場でもかなりの人気でした。最後に皆で輪になるところではきっちり加わって踊ってくれて、最後のポーズまで決めてくれましたし。彼がエースとしてセンターで踊るようになるのもそう遠い話ではないことでしょう。ここも初めての祭りとは思えない温かい歓声や拍手で、ホント踊ってて感動しました。

演舞終了後はゆっくり他チーム演舞を鑑賞。嘉人恋さんはウチよりも少ない4名での参加でしたが、その分ステージを広く使ってダイナミックな演舞を披露されてました。また、佐世保や福岡からも各地のお祭りでご一緒したことのあるチームの皆さんが参加されており、初めてのお祭りを皆で盛り上げていくその場にいられたこと自体が非常に満足度が高かったです。勿論終了後はビール一杯いただきました。
全ての演舞が終了して、最後の総踊り。時間や距離の関係から参加したお祭りでもやむを得ず総踊り前に失礼することもありますが、今回はこれだけ客席とステージが一体となって盛り上がってるのに総踊りせずに帰るのは勿体無いと強く思いました。そこで総踊りもしっかり参加。これまたこの日の各参加チームの踊り子たちと客席とが一体化した楽しい総踊りとなりました。最後の挨拶で実行委員会の方が「来年も必ずやりますからまたお越しください!!」と締めてくださいましたので、また来年も必ず行きたいと思います。

水俣に続いての第一回目のお祭り参加となった「吉井しらかべよさこい祭り」ですが、非常に盛り上がる、というか全体で盛り上げてくれる活気溢れるお祭りでした。第一回目のお祭りって何だか地域やホストチームさんの熱意がすごく伝わってきて感動します。秋はよさこい祭りも沢山開催されていつもスケジュールの調整に苦労するんですが、こんな楽しい祭りを立ち上げられて、また頭痛の種がひとつ増えてしまったじゃないか、と思いつつも今度はまた新顔を連れて是非訪れたい、そう思わされた吉井しらかべよさこい祭りでした。

以上、帰りの車の中ではやまティが聞いているにも関わらず、たーぼーとそれこそライトな話からダークな話題までいろいろと語り合ってしまって現在焦っているぱやしだがお送りしました。またどこぞのお祭りで、縁と命があったらまたお会いしましょう。
スポンサーサイト

平戸南風夜風人まつり~秋の陣~

9月14日(日)長崎県平戸市で行われた「平戸南風夜風人まつり~秋の陣~」に参加してきました。


hirado1
南蛮船の前で記念撮影。(隠れて見えてないけど)


平戸といえば、平戸風神社中さん。

かっこいい。

しぶい。

個人的に、わたしの大好きなチームでもあります^^

なんと、今年で結成10年!歴史のあるチームです。

平戸伝統の、田助ハイヤ節をベースにしたよさこいを踊られています。

トレードマークにもなっている「網笠」をかっこよくかぶり、

真っ赤な「四つ竹」をリズムよく鳴らして、力強く踊る姿はすばらしいですよ。
















第1回みなまたYOSAKOIまつり(平成20年9月7日)レポート

いよいよ秋の訪れと共によさこいシーズンも激化、そろそろ週末のスケジュール調整に大わらわになってくる頃だと思うんですが皆様いかがお過ごしですか?今回は我が「舞麗men」の9月のスタートを飾るイベント、熊本県は水俣市で行なわれた「みなまたYOSAKOIまつり」のレポートです。担当は、今年はどうも熊本関連のイベント参加率いいなあ、と思ってるぱやしだがお送りします。

今回の参加者は総勢7名。えりこさん、えりりん、やまT、さやぴぃ、あやぷう、ワタシの6名に二日前に参加を決心したというふくちゃんが加わり、7名となりました。実は当初タッキーも参加予定だったのですが、所用により今回は不参加。タッキー不参加の折に「しめしめ、これで女性5名に囲まれてハーレム状態のイベントだわい...。」とワタシがほくそえんでいたかどうかはコメント差し控えさせていただきますが、自称「お目付け役」としてふくちゃんが参加してくれて単純に嬉しかったです。えりりん、さやぴぃ、あやぷうの3名は個人的都合で前日水俣入りされたので、残る4名で早朝に佐賀を出発しました。
水俣への遠征は初めてだったのですが、実際この「みなまたYOSAKOIまつり」の第1回とのこと。参加チームの募集案内やHPの告知に、今回のホストチーム「恋龍水俣」さんの並々ならぬ熱意が感じられました。わりと夏のイベントが終わって一息ついてた時期だったからか、ウチの参加メンバーの意意思表明もややゆったりだった感がありましたが、ワタシは個人的により南九州のチームが集まっていそうなこのイベントに非常に興味がありました。実際、参加チームを確認するとやはり南九州のチームが多数集まった非常に熱そうなまつりの雰囲気たっぷり。佐賀からの参加チームはウチだけでしたので、僭越ながら「佐賀の看板背負って」参加するような気分でした。

恥ずかしながらワタシ、水俣の場所ってほとんど把握できておらず、ナビに頼りつつ何とか到着することができました。とりあえず衣装に着替えて前泊組と合流、メイン会場に向かう途中ですれ違った水俣の商店街の方からいきなり「どちらから来られましたか~」と声を掛けられました。「佐賀からです」と答えると、「遠くからご苦労様です。頑張ってください」と激励されていきなりやる気が漲ってきました。単純なのかもしれませんが、第1回のまつりということで地域ぐるみで盛り上げよう、という空気が強く感じられました。舞麗men担当アテンドの上田さんと合流していよいよ演舞会場へと移動。今回はメインステージの他に2つのサブ会場が用意されており、いずれも商店街の一角でした。ウチの演舞回数はサブ会場でそれぞれ1回づつ踊った後でメイン会場で時間を空けて2回、の計4回。実際はウチではワタシ限定でしたがその後に「九州男組」の演舞があったのでワタシは計5回だったわけですが。
この日は天気予報では雨だったようで心配されていましたが、結局まつり終了まで晴天に恵まれ、むしろアスファルトの上での演舞は脱水が心配になるくらいの暑さ、そして熱さでした。会場を回るごとにお客さんも増え、ワタシたちもノッて演舞するようになる好循環があったように思います。会場のステージは極端に広いものではありませんでしたが、その分客席とも近く、一体感のある舞台ばかりだったように思います。また、各会場でのスタッフの皆さんの細やかな心配りに感激でした。お客さんや地域の方々、そして運営スタッフのまつりへの情熱が肌で感じられて、非常に気持ちよくどこでも踊ることができました。第1回のまつりというのはこうした初々しさが大きな魅力なのかもしれませんね。
また、演舞回数はそれなりにあったものの、結構他チームの演舞を観る機会が多かったのもよかったです。ウチの前は「薩摩源氏蛍」さん、後ろは「尚縁」さんで何だか緊張しましたが、他にも熊本や鹿児島のチームの演舞をじっくり拝見しました。各会場が近くに設定してあって、スムースに移動することができたのも助かりました。

ワタシは北九州以来の演舞となりましたが、何だか今回は非常にメンバーの演舞へのモチベーションが高くて元気が出ました。ワタシは地域密着型のまつりが非常に好きなんですが、そうした雰囲気にチーム自体もかなり乗せられて楽しく踊れたんじゃないかと思います。

ウチの演舞が終了してからは、ワタシは大急ぎで着替えて「九州男組」に合流。今回は南九州のメンバー主体かと思ってましたが、まさかの佐世保からの遠征組が多数で驚くと同時に勇気付けられ、気合が入りました。「~男組」は各地の九州よさこい男児によるスペシャルチームという都合上、この日も1回きりの演舞だというのにそのために遠くから駆けつけてくるメンバーには脱帽です。まあ気持ちはよくわかるんですけど。北九州のお披露目時よりはやや人数少なかったけれど、十分熱くて男臭い演舞が披露できたんじゃないかと思います。また、こうしたいろんな活動の中で、いろいろな繋がりが出来てきているのも大変嬉しいことです。まあさすがに終盤はバテ気味で、あまり動けてなかったのは反省点ですが。

終了後は湯の児温泉に浸かって疲れを癒したんですが、非常に清潔かつ広くて快適な湯でまさに極楽気分でした。しかもこれ、よさこい踊り子は無料サービスの大盤振る舞いぶり!!ふくちゃんと浸かった湯の児温泉は今までの温泉街での各種よさこいまつりに匹敵する大変内容の濃いサービスでした!!
今回、参加者案内がこちらに届いたときから、演舞会場周辺の手作りマップと飲食店のクーポンサービスが充実、しまいには極楽気分の温泉までサービスと徹頭徹尾、参加者への気遣いが感じられるまつりだったと思います。長時間ドライブは全く苦になりませんでした。ぜひまた、第2回、第3回と続けていただきたい、ワタシもその時まで身体が続けばぜひまた参加させていただきたい、と思ったそんな温かいおまつりでした。ホントに、心が伝わるまつりっていいですね。

以上、担当は今朝仕事場についてみたらしっかり筋肉痛になっていたぱやしだがお送りいたしました。秋本番、よさこいシーズンもいよいよ本番、ウチのチームも盛り上がって行きましょう。
プロフィール

舞麗men

Author:舞麗men
 宇宙(そら)よ大地よ
すべての光をわかちあい
永遠(とわ)にいざなえ!
     和光

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。