スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生ダンスフェスタin吉野ヶ里(平成20年5月4日)レポート

他地域のお祭りに参加するといつも現場でのスタッフの方の温かいおもてなしに感激することが非常に多いんですが、ふと自身を振り返って見るにワタシたちは地元佐賀のお祭りでも他チームをスタッフとしておもてなししたことはないんですよね・・・。結成して4年目を迎えているというのに・・・。違うよ、ボクらだっておもてなししたいんだい!!とメンバーのどれくらいが思っているのか寡聞にしてワタシよくわかっておりませんが、今回は、ワタシたちが会場運営スタッフとして祭り参加した記念すべきイベント、「弥生ダンスフェスタin吉野ヶ里」のレポートです。ちなみに今回は、初の運営担当にしてなぜか会場責任者になってしまって緊張の連続だったぱやしだがお送りします。内容的に今回は裏方系の話が多くなるかと思いますので、すでに幾度も運営経験をお持ちの読者の方にはもどかしい記述があるかと思いますが、何分初心者の記事ですので長い目、広い心で御覧いただければ幸いかと・・・。

祭り開始3週間ほど前だったでしょうか、ウチのメンバーで、佐賀よさこい界の重鎮たるタッキーから、「今回の舞麗menはスタッフとしてメイン会場運営に回ってもらうことになりそうだよ。ちなみにぱやしださんが当日会場責任者ね。」といわれたときは、思わず瞳孔が開きましたが、まあ決まったからにはやるしかないかと思ったのも事実でした。ワタシ自身、これまでのよさこい遍歴の中で各地のお祭りに参加させていただきましたけれど、どこに行ってもそこの地元チームのメンバーがボランティアとしてお世話してくださる様子を目の当たりにしていたからです。佐賀はいくつかよさこいも参加できる地元の祭りがあるにはあるんですが、今までスタッフとして動いたこともなければそのような要請を受けたこともなかっただけに、今回こうしてお声が掛かったことが自分にはかなり新鮮だったのも事実。実際、その後の通常練習の際にメンバー皆に打診したところ、思いのほか感触もよく、これはきっといい経験になるなあ、と思ったところからワタシたちのスタッフ経験は始まったわけです。

ウチの担当はメイン会場でした。いきなりメイン?と少々ビビリましたが、そもそも他のチームに聞いても運営初めてに近いところばかりでどこが担当しても「いきなり」だったわけですね。そんな中で他の錚々たるチームを差し置いてウチがメインに選ばれたのは比較的年齢層高めで落ち着いてるように見えたからと、やはりタッキーの存在ゆえじゃないかと思いますね。実際にやることを確認するとかなり大変だということがわかりました。特にメイン会場は全てのイベントが集中しますし、それこそ表彰式や開閉会式もここでやるわけで。時間管理がとにかく問われる会場なんだな、というのがワタシの感想でした。
実はここで懺悔してしまいますが、ワタシ直前の打ち合わせにほとんど参加できませんでした。私用もあったし、仕事で行けない会議もあったし、しかも祭り前日は当直勤務・・・。当日の責任者なのにほとんど周りのメンバーに任せっきりで恐縮することしきり。会議に急遽代理で行ってくれたたーぼー、そして参加不能を伝えるたびにニッコリと「大丈夫ですよ」と返してくれたタッキー、そして当日きっちり動いて会場を仕切ってくれた舞麗メンバーの皆さんには感謝感謝です。それでもやはり前日はワタシもかなり寝つき悪かったですよ。幸い急患は少のうございましたけど。

さて、当日は当直交代を前にすでに衣装に着替えて脱出準備を進めてました。交代の先生が舞麗衣装を着たワタシを見てビビッてましたがこの際そんなの気にしません。すぐに申し送りをして吉野ヶ里までフルスロットルで飛ばしました。会場に着いて広大な吉野ヶ里公園内を歩くこと数分、ようやく見慣れた青い衣装の集団が・・・。何とか合流できました。すでに祭り開始の準備もかなり進み、ワタシが合流してしばらくすると参加チームの受付も始まりました。チーム受付とメイン会場の受付が隣同士で間違う方が結構いらっしゃいましたのでそれは随時説明して・・・。開会の挨拶が終わればすぐに各参加チームの演舞スタートです。ステージと舞台前方への人数配分とか、煽り、MCマイクの本数、曲開始のタイミングがきちんと連絡されているか・・・。確認することは山ほどありました。当初は現場責任者だし、と思って全てワタシが把握するつもりで話聞いていきましたけど・・・はっきり言って無理!!ワタシのキャパ超えてました。というわけで誘導のたーぼーとえりこさんにある程度お任せしました。
メイン会場の司会はウチの誇る佐賀よさこい界の重鎮たるタッキーと、優しい癒し系の語り口(?)が評判のぢんさんのコンビでした。基本的には次に踊るチームの紹介がほとんどなんですが、そのために渡された資料の誤植が素晴らしすぎ!!チーム名が間違ってるのはいくらなんでも失礼なのでしっかり確認してもらいましたが、他にも文章が何の脈絡もなく途中で終了とか、事前連絡された演舞曲と口上の中での紹介曲が異なったりとまあこの辺は突貫工事で書類作ってるから仕方ないんでしょうがとにかくチーム紹介文の朗読担当のぢんさんの困惑する様子が印象的でした(すみません!!)。まあワタシが拝見した中で最大のヒット誤植は某チーム紹介文の「ずっと踊ってきたこの曲での演舞を締め(しめ)括る」が何故か「諦め(あきらめ)括る」になっているというもので、あまりの自虐ネタにしばし爆笑してしまいました(担当者の方、そして該当チームの皆様、すみません)。

さて、お昼に差し掛かる頃にはようやくチーム誘導の方も要領を得た感じでスムースに進行できるようになり、少々気持ち的にも余裕が出てきました。タイムキーパーのツッキーと司会タッキーの連絡も密に行なわれていたようで、スケジュールもある程度きちんとこなして行けました。
今回のお祭りではよさこいのみならず、HIPHOPダンスとかフラダンス、フラメンコやベリーダンス、更には沖縄エイサーや和太鼓なども登場するバラエティに富んだ内容だったんですが、ちょうどよさこいチームの演舞が一区切りついたところでタッキーから司会交代の要請があり、アシスタントにはちゃこさんを伴って司会交代しました。で、初手から話を繋ぐネタに四苦八苦。時間調整は闇雲に急いでも予定が早く終わりすぎて困るため、それなりに時間帯によっては司会のコメントで時間稼ぎをする必要があったわけですが、咄嗟にはなかなか言葉って出ないもんだと実感しました。しかもよさこい系は知ってるチームもちらほらあったんですが、HIPHOPやフラダンスはほとんど存じ上げないチームだけに、どういった話を振ればいいのかわからなくなってしまうこともしばしば。この辺はアシスタントのはちゃこさんに随分助けられました。ただ、フラやベリーダンスのかなり露出の高い衣装をお召しになっているご婦人方を間近で拝見できたことについてはやはり「司会の役得」かなと。こっそりほくそ笑んでいたところ、ウチの麗しき女性メンバーから「鼻の下伸びてますよ」としっかりツッコミが入り、ささやかな楽しみもしっかり看破されておりました。まあそんなこんなで何とか代役司会もこなし、いよいよ地元チームの演舞となりました。

今回はメイン会場運営の大役を担っていたため、ウチの演舞は終盤の一回のみでした。まあ踊り子の心境としては踊ってナンボと思ってもいたので今回は演舞回数少なくて楽だなあくらいに軽く考えていたんですが、実際炎天下に朝から立ちっぱなしで会場を動き回っていたのは想像以上に身体に堪えていたようで(実際ワタシやタッキーを始めとした数人は食事時間すらありませんでしたし)、一回踊っただけでフラフラになってしまいました。まあ須賀の皆さんが前方で見てくださっていたことへの緊張も少なからずあったと思いますけど・・・。
閉会式、総踊りが終了して、会場片付けが終了して、ようやく運営チーム解散となりましたが、祭りのスタッフ活動がこんなに大変なものだと初めてわかりました。いつも他地域の祭りに踊り子として何も考えずに参加させていただいてましたけど、皆さん、こんな大変なことをずっとされていたんですねえ・・・(遠い目)。まあなんとかやり遂げることができて、ホッとすると同時に言いようのない達成感もあったりして、ホント、いい経験になりました。今後も地元でお祭りが行なわれる際には何らかの形でお手伝いできればいいな、と思いました。
頼りない当日責任者の下、会場運営に動いてくださったチームメンバーの皆さん、本当にありがとう、お疲れ様。そして、事前にスタッフ全体の準備のために奔走してくださったタッキー、直前の会議にワタシの代わりに出席してくださったたーぼーには本当にご迷惑をお掛けしました。皆さんのご協力のお陰で無事メイン会場運営の大役を舞麗menは果たすことができたと思います。これもまたひとつの糧として、これからの活動にまた弾みをつけて行きましょう。
というわけで、「こんなに会場運営って大変だったんだ」を実感した舞麗men初体験の会場スタッフ経験、何とか無事に終了いたしました!!以上、報告は今だ顔だけが真っ黒に日焼けしてしまったぱやしだがお送りしました。それでは皆さん、アテプレーべ・オブリガード!!(古いな)
スポンサーサイト
プロフィール

舞麗men

Author:舞麗men
 宇宙(そら)よ大地よ
すべての光をわかちあい
永遠(とわ)にいざなえ!
     和光

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。